【ベトナム】カンボジア国境の“チャウ ドック(Chau Doc)”という町(28)

図1.png

彼女は私のモノをつついたり握ってみたりしていたが、私の手が敏感な部分で動くたびに軽くため息を漏らしていたのを見逃さなかった。
後で味わうであろう彼女の部分を中心に丁寧に洗い上げ、コックを締めシャワーノズルを壁のフックに掛けたのでした。





何も言わないものの私が作業を終えたことを悟ってか彼女はバスタオルを羽織ると出ていき、それを追いかけるような形で私もタオルで体を拭きながらバスルームを後にしたのでした。

図2.png

ベッドへ戻ってみると彼女は携帯を触っていた、何か大事なメッセージを待っているのか、それとも最近の若者の習慣なのか。
その様子を見守る私に気づくと手早く携帯をベッド脇に置き視線をこちらに移し微笑む彼女、どうやら準備はできているようだった。
この期に及んでたいした言葉が必要ないことは万国共通、私は彼女に寄り添うようにベッド脇に滑り込んだのでした。

図3.png

タオルをはぎ取ると、さっきまでバスルールで手入れをしていた個体が露わになった。
バスルームは少し暗く分かりにくかったが、明るい部屋で改めて見回すと彼女が“こういう行為”に及んでもよい年齢に至っているのかどうか若干不安を覚えたが、止める気はさらさらない私は個体に手を伸ばしたのでした。

図4.png

私の経験ではベトナム女性は肉付きがよくちょっぴり豊満なイメージがあるが、体質なのか、彼女は年齢から来るものなのか、或いはカンボジア系の血統の影響なのか、プニプニ感は少ない。
が、彼女の持っているものは十分それをカバーする“張り”のあるものだった。

十分その個体を堪能し、『いざっ!』という時に私はあることを思いつき彼女にこう言ったのでした。

「ちょっと待って、made in Japan付けるから。」

てっきり頷くだろうと思っていた彼女の反応だったが、予想に反し首を横に振ってきたのでした。

“へっ、要らないの?”

前回は、あれだけ「made in Japan」と口走っていたのに。。。じゃぁ、とばかりにmade in Thailandの装着準備入る私に彼女は、こう言ってきたのでした。

「Japan もThailand もVietnamも要らないわ。」

図7.png

ということは、『そういうコト♥』だよねぇ。
それは手っ取り早くて好都合、私はゆっくり彼女に覆いかぶさるのでした。





(ベトナム関連記事たち)
揺れて、誘われ・・そして“抜かれた”ベトナムの昼下がり
実はちょっとベトナムのホーチミンに行ってきました
久々のホーチミン、まずは「物価感覚を身につけよう」ということで
“WeChat”があれば寂しくない?ホーチミンの夜
今回のホーチミン滞在、宿は“A&EM”にしてみました
【ベトナム】ホーチミン空港でのABTCの威力と有料で使える空港ラウンジ
様変わりしていたドンコイ通りで“ホンダガール”を探して散策したが
ホーチミンで一番美味しく感じたフォーは即席麺だった件
【ホーチミン】コスパの高い“クィーン アン ホテル(Queen Ann Hotel)”
ホーチミン空港の有料ラウンジは、お得なのでしょうか
20USDで宿泊した“ビエン ドン ホテル(VIEN DONG HOTEL)”はアカンかった話
庶民の憩いの場「ベトナム版ネットカフェ」はこんな処
ベトナムでの“ホンダガール”散策は断念した私
【ベトナム】ホーチミンで私が贔屓にしている日本料理屋『膳サイゴン』
タンソンニャット空港でROSE CIP LOUNGEの代わりに用意されていた空港ラウンジ
祝改装!ホーチミン滞在時に私が定宿としている「クィーン アン ホテル(Queen Ann Hotel)」




この記事へのコメント

❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤
お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
「Chau Docという国境の町」物語

最近の記事

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村