「美人の産地」と言われる町“イポー”の怪しいマッサージ通り

1_DSC_5542.JPG

『“旨いモノ”と“美人”に出会いたければイポー(IPOH)へ行け』。
時々マレーシアでこんな言葉を聞きますが、“旨いモノ”はさておき美人にはなかなか遭遇しない私。
クアラルンプールから車で北上すること約4時間、KTX(高速鉄道)だと2時間少々のペナン島の中間あたりにイポー(IPOH)という町はあります。
確かにクアラルンプールやジョホールバールなどで遊んでいる時に仲良くなるお姉さんは、この“イポー”出身であることが多いのですが、これもめぐり合わせなのでしょう。

2_DSC_5509.JPG

標高が高く山地に隣接しているこの町は、気温もそんなに高くなく雨も多く水もキレイ。ここのお姉さんは色白でスベスベ肌が多いという話から“美人の産地”という称号を得ているようですね、タイのチェンマイ・チェンライあたりもそんな感じなのでしょうかね。





そんな町“イポー”ですが中華系の人口比率も高いのでしょう、街中でもイスラム料理よりもむしろ中華料理レストラン系のほうが目につきます。
そんなイポーの街中に少し目立って立っているエクセルシオール ホテル(EXCELSIOR HOTEL)、あまり高層ビルの少ないイポーの町なので見つけることができます。鉄道の駅からだと車で数分という距離ですね。

3_DSC_5543.JPG

このエクセルシオール ホテル(EXCELSIOR HOTEL)の裏手に広がる数百メートルの通りの両側がマッサージ(按摩)屋の群生エリア。
中華、タイやインドネシアといった多国籍なマッサージの看板が立ち並んでいます。

4_DSC_5540.JPG

マレーシアではマッサージの看板には、よく“足裏”を象ったモノが使われているのですが、どうせならもっとサービス内容がわかりやすい看板にしてくれれば期待を裏切らないのですが。
例えば、スペシャルのあるマッサージ屋だったら、男性のシンボルとか・・・

5_DSC_5541.JPG

この通りのマッサージ屋も、それなりのオプションはあります。
全てのお店を制覇してるわけではないのですが、『+50リンギット(RM)』で“抜き”があります。
それ以上は経験ないのですが、聞くところによるといろいろオプションが用意されている店もあるようです。

6_OK.jpg

狙い目の時間帯はやはり暗くなってから。
明るいうちは少々お年を召された方が多く、期待通りの結果を導き出せないかもしれません、ただお年を召された方のテクニックには時々驚かされることもあります。
もしもマッサージ中にそういう局面に遭遇した際には、決して目を開けず彼女らのテクニックを堪能してください、これも経験ですしね。





(マレーシア関連の記事)
マレーシア夜遊びの記事一覧
マレーシアの記事一覧
マレーシア料理の記事一覧




この記事へのコメント

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

<♠わりと真面目な癌闘病日記♠>
サラリーマンの癌闘病日記
海外を徘徊する画像たち

<❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤>
タイの夜遊びシリーズ💘
お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
「Chau Docという国境の町」物語

<♧旅のお供なカテゴリ♧>
【実用版】海外安全情報の記事一覧
空港ラウンジ潜入記の記事一覧
タイの記事一覧
マレーシアの記事一覧
ベトナムの記事一覧
インド・バングラの記事一覧
欧米・オセアニアの記事一覧
その他アジア(日本含む)の記事一覧
タイの田舎生活奮闘記♪の記事一覧
タイのホテル体験レポートの記事一覧
タイのレストラン紹介の記事一覧
タイ料理の記事一覧

最近の記事