お姉さんの部屋で「現実」が見えてしまう件(31)

タイの田舎生活から卒業してずいぶん経ちましたが、引き続き短期ながらタイの出入りを繰り返している私なのですが、やはり大きな旅行カバンを毎回引きずりながらの移動は苦痛なのです。 今現在ではバンコクに常宿(定宿)も持っていないので荷物を預かってもらうわけにもいかない私がお世話になるのが、「お姉さんの部屋ロッカー」。 ただ、時には音信不通なになっていたり、部屋を引き払っていた…

続きを読む

お姉さんの部屋で「現実」が見えてしまう件(30)

年末年始の時期になるとお姉さんから送られてくる画像にある傾向が出てきます。 当然、『メリークリスマス』とか『ハッピーニューイヤー』という意図のものは多くなるのですが、それでは記事のネタとしてはインパクトに欠けますよねぇ。 また、送られてくる画像に「部屋呑み」が多いのも、実はこの時期なんですねぇ。 おそらく実家へ帰らず寂しく年を越す彼女たちが部屋に集まり、ダラダラ呑んでいるんだと…

続きを読む

お姉さんの部屋で「現実」が見えてしまう件(28)

お姉さんと一緒にレストランや屋台などで食事をしていて、 『コイツ、体つきは細いのにどんだけ食べるんだぁ?』 って、思われたことないでしょうか。 私の場合は、初めて会う時の待ち合わせ場所はレストランが一般的でして、相手の性格や「価値観❤」等々を探り“リリース”するか“継続”するか目星をつけるのですが。 そんな機会では、当然ちょっぴりカッコつけてそれなりの場所へ足を運ぶのですけど…

続きを読む

お姉さんの部屋で「現実」が見えてしまう件(27)

これまで、いくつか「お姉さんの部屋にお邪魔する」の“あるある”話を紹介していました。 こういう付き合い方になるまでにはそれなりの時間とお金を要すわけなのですが、初めてお邪魔させてもらってもだいたいの場合、「空振り」に終わるんですよねぇ。 何度か空振りを繰り返しているうちにヒットやホームランが産まれるわけでして、そう毎回毎回「イイ思い💛」をさせてもらえるわけではありませんよねぇ。 …

続きを読む

お姉さんの部屋で「現実」が見えてしまう件(26)

バンコク郊外のとある路地裏、目指すは1軒のローカルレストラン。 たいして美味しくも楽しくもないローカルレストランに私が通っていたのには理由があったのです。 その理由とはお察しの通り、そこで働くお姉さん。 初めて訪れた時は現地人と一緒だったのですが、『ターゲット』に出会った私は1人でも通うようになっていくのでした。 通っている間に顔は覚えてもらい軽く会話は交わすものの、仕入れた…

続きを読む

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤
【別館】タイの夜遊びシリーズ💘
【別館】お姉さんの部屋シリーズ💘
【別館】お姉さんが来たシリーズ💘
【別館】お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
【別館】「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【別館】【期間限定?】シリーズ💘
【別館】「Chau Docという国境の町」物語

♠♠わりと真面目な癌闘病日記はこちら♠♠
サラリーマンの癌闘病日記

最近の記事